• 和泉屋酒店はフランスワインをご購入される方にも最適な
    アドバイスが可能なコンセイエがいるお店です。
    フランスワイン以外のワインも幅広い知識を持っておりますので
    シーンに合わせたワイン選びで最適なアドバイスをいたします。


  • 所在地:茨城県土浦市桜町3丁目13-24
  • 電話番号:029-821-0940
  • 営業時間:10:00 ~ 21:00
  • 定休日:日曜・祭日の月曜

和泉屋酒店へのアクセス


トップ  > ウイスキー

※掲載商品以外にも多数ご用意しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

ウイスキー

長濱蒸溜所 INAZUMA ワールド ブレンデッドモルトウイスキー 「エクストラ セレクテッド」 完売

長濱蒸溜所 INAZUMA ワールド ブレンデッドモルトウイスキー 「エクストラ セレクテッド」 完売

長濱蒸溜所で蒸溜したノンピートモルト原酒と、三郎丸蒸留所で蒸溜したピーテッドモルト原酒に、慎重に吟味した海外産モルト原酒を加え、各々の原酒同士が補完し高めあう「エクストラ」な味わいを目指しブレンドレシピを構成いたしました。馥郁たるその風味を、心ゆくまでお愉しみください。HPより 6000本

>>詳細を見る

アードナムルッカンAD/09.20:01 完売

アードナムルッカンAD/09.20:01 完売

マル島のすぐ北にあるアードナムルッカン半島にアデルフィ社が2014年に創設した注目の蒸留所「アードナムルッカン」。 ピーテッドとアンピーテッドのモルトをバーボン樽とシェリー樽で熟成し世界で15,950本の限定リリースです。2014年と2015年に蒸留したピーテッド及びノンピートのモルトを半分ずつブレンドし2020年9月に瓶詰め、熟成樽の内訳は65%がバーボン樽、35%がシェリー樽。アンチルフィルター&ナチュラルカラー。 完売しました。

>>詳細を見る

「FAR EAST OF PEAT SECOND BATCH」Blended Malt Whisky 完売

「FAR EAST OF PEAT SECOND BATCH」Blended Malt Whisky 完売

2017年蒸留の三郎丸蒸留所のヘビリーピーテッドモルト&アイラクオーターカスク熟成の長濱蒸留所ライトリーピーテッドモルトに加えスコッチモルトを吟味してブレンド。 モルト原酒のみをつかい華やかで多層的な味わいを目指しました。HPより 5000本瓶詰

>>詳細を見る


ビッグピートX\'masエディション2020

ビッグピートX\'masエディション2020

記念すべき10回目を迎えたビッグ ピートクリスマスエディション2020が入荷です。 人気のビッグピートのカスクストレングスが味わえるのはこのクリスマスエディションのみです。 アードベッグ、ボウモア、カリラ、ポートエレンの4種のブレンドは、変わりませんが、毎年少しずつレシピを変えているそうで、今回のレシピはピートスモーク、乾燥した海藻、炭塵などの風味を増し、芯となる甘さが感じられるブレンドを行ったとのことです。

>>詳細を見る

マルスブレンデッドウイスキー「The Lucky Catチョコ」 完売

マルスブレンデッドウイスキー「The Lucky Catチョコ」 完売

個性豊かな猫達をモチーフに、マルスウイスキーのブレンド技術を駆使して造られるシリーズ。 第六弾の「ザ・ラッキーキャット チョコ」は、本坊家の飼い猫で好奇心旺盛でおてんばな雌猫チョコをモチーフに、ポートパイプ(400~650Lサイズ)で追加熟成したブレンデッド。6700本限定 当店入荷は6本でした。限定系商品の入荷数が毎回少なくご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 

>>詳細を見る

プロべナンス
リンクウッド8年

プロべナンス
リンクウッド8年

DL社の中でも長年人気シリーズとなっている46%の「プロベナンス」シリーズ。 NEWラベルは、全てシングルカスクのボトリングとなっており蒸留所ごとの個性がより一層明確になったと評する方も多いそう。本品は、リフィルフォグスヘッドで熟成されました。 シロップとイチジクのニュアンスが非常に甘く、さらに雑穀シリアルも感じられる。シロップに加え、キャンディー、モルトとスパイスが口の中を包む。余韻は長く、より温かいスパイス、シトラス、オークやフルーツが現れる。

>>詳細を見る


厚岸ブレンデッドウイスキー「雨水」 完売しました

厚岸ブレンデッドウイスキー「雨水」 完売しました

「二十四節気シリーズ」の第2弾、厚岸ブレンデッドウイスキー「雨水」が入荷しました。厚岸産モルト原酒55%と2017年産の輸入グレーン原酒をブレンドして仕上げています。ブレンドされているグレーンウイスキーは、未熟性ニューメイクを、厚岸の環境のもとバーボン樽で熟成させ育て上げた外国生まれ厚岸育ちのグレーンウイスキーです。厳密にはジャパニーズウイスキーとは呼べません。完売しました。

>>詳細を見る

プロべナンス
グレンロセス5年

プロべナンス
グレンロセス5年

DL社の中でも長年人気シリーズとなっている46%の「プロベナンス」シリーズ。 NEWラベルは、全てシングルカスクのボトリングとなっており蒸留所ごとの個性がより一層明確になったと評する方も多いそう。 本品は、シェリーパンチョンで熟成されました。バニラ香を纏うオークが、たっぷりのスパイスや濃厚なチョコレートトリュフ、ほんのわずかなスモークと共に感じられる。へーゼルナッツとミルクチョコレートが赤いフルーツを伴ったシナモンやジンジャーに変化する。レザーを感じる甘さがトフィー菓子やバタートースト、柑橘系果物を伴っていつまでも続きます。

>>詳細を見る

三郎丸 0 ザ・フール 
完売しました

三郎丸 0 ザ・フール 
完売しました

2017年蒸留の原酒を使用。2000本限定の瓶詰です。 タロットカード(大アルカナ22枚と小アルカナ56枚で構成)がモチーフになっており、大アルカナ22枚の0番「愚者(THE FOOL)」が“ゼロからの出発を図った”という意味合いで今回のラベルに採用されました。 キーワードは、可能性、若い精神、向こう見ず、出発です。

>>詳細を見る


キングスバリー ゴールド
モートラック22年 (写真は参考画像)

キングスバリー ゴールド
モートラック22年 (写真は参考画像)

長期熟成酒の樽出しがテーマのキングスバリーゴールドシリーズからモートラックのご紹介です。故マイケル・ジャクソン著「ウィスキー・コンパニオン」には、良好なスペイサイドから得られる全ての喜びは、このモートラックにおいて見出すことができる。花っぽさ、ピーティーさ、スモーキーさ、麦芽っぽさ、フルーティーさ・・・、とあります。 「2.81回蒸留のディアジオの異端児」とか「ダフタウンの野獣」などの異名をもつモートラック、その力強い味わいは、まさに本格派スペイサイド。ホグスヘッド熟成の豊かで奥深い甘みとフィニッシュにくるかすかな塩味が、素晴らしい1本。裏ラベルの最後にはOMG(Oh My God)の文字。

>>詳細を見る

厚岸「寒露」完売しました

厚岸「寒露」完売しました

「寒露」は、春夏秋冬の厚岸ウイスキーを楽しめる「二十四節気シリーズ」の第1弾。6~7年のうちには、二十四節気が全て揃う予定です。 バーボン樽やシェリー樽などに入った原酒をブレンドし、アルコール度数を55%に調えました。際立つ甘みと、上品なピートの香りが特徴です。広報担当者は「年末の特別な人との夕食に似合う味わい」とPRしています。

>>詳細を見る

「カバリュス」
アードモア ヘヴィリーピーテッド9年

「カバリュス」
アードモア ヘヴィリーピーテッド9年

馬(学名:エクウス・カバリュス)のように力強く躍動感ある様々な表情を見せるウイスキーのシリーズ。 バーボンバレルの9年熟成でシングルカスク、カスクストレングスでボトリング。色はゴールド。香りは潮風、ピート、暖炉の煤、焦がしキャラメル、砂糖漬けのオレンジピール、かすかにローリエ。口に含むと、潮を纏ったピートが全面に主張し、フルーツグラノーラやレモンゼストの味わい。フィニッシュはオイリーで、煤のようなピートスモークにブラックペッパー、ほうじ茶が現れます。 9年熟成ながらも味わいに深みがあり、パワフルなピートスモークとのバランスが取れた一本。202本瓶詰

>>詳細を見る


駒ヶ岳リミテッドエディション2020  完売

駒ヶ岳リミテッドエディション2020  完売

シェリー樽とアメリカンホワイトオーク樽で熟成されたモルト原酒を主体にヴァッティング。 熟したプラムの香りが漂い、上品な蜂蜜やバニラといった穏やかな甘い香りへと続きます。 オレンジの様な果実感とカカオを思わせるビターな味わいがバランスよく表れ、その後ほのかに甘く優しい余韻が残ります。15000本瓶詰。

>>詳細を見る

オクタブ 
ブナハーブン 3年 (写真は参考画像)

オクタブ 
ブナハーブン 3年 (写真は参考画像)

ピーテッドタイプのブナハーブンをオクタブで4ヶ月間追熟を行った3年熟成です。香りはフェノリックなスモーキーさの奥から爽やかなレモン、麦芽の心地よい甘み、ハーブが広がります。味はオイリー、かつクリーミー。ピートスモークと共にレモンクリームサンドビスケット、クローブやナツメグといった温かみのあるスパイスが交ざりあいます。オクタブの恩恵によって3年という若さを感じさせない味わいに驚かされるピーテッドタイプのブナハーブンです。

>>詳細を見る

ブレンデッド 江井ヶ嶋 シェリーカスクフィニッシュ

ブレンデッド 江井ヶ嶋 シェリーカスクフィニッシュ

東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)2020 銅賞   英国産麦芽100%のモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした後、シェリー樽で後熟しています。シェリー樽後熟ならではの果実感、芳醇で複雑な香味が感じられます。 桜のトレードマークと港に訪れるエイのデザインに江井ヶ嶋の復刻ロゴ、新しいボトルでありながら、どこか懐かしさを感じるノスタルジックなボトルです。

>>詳細を見る


オクタブ 
ブナハーブン 9年 (写真は参考画像)

オクタブ 
ブナハーブン 9年 (写真は参考画像)

シェリー樽を組み替えた容量50ℓのオクタブで6ヶ月間追熟を行った9年熟成です。この蒸溜所のウイスキーのほとんどは、アイラ島では珍しくピートを焚かない麦芽で造られています。香りはアップルパイ、レーズン、ハチミツ、潮。味はハニーオートミール、トフィー、塩キャラメル、ペッパーのアクセント。ノンピート ブナハーブン+シェリー樽は人気の組み合わせです。

>>詳細を見る

イチローズ・モルト&グレーン
ホワイトラベル

イチローズ・モルト&グレーン
ホワイトラベル

秩父のモルトを主体に9蒸溜所のモルト原酒と2蒸溜所のグレーンウイスキーをブレンド、さわやかで、華やかなウイスキーです。色は明るく輝きのあるゴールド。レモンピールやオレンジピールなど爽やかな柑橘系の果物を感じるトップノート。スイートで軽やかな中に複雑で奥深い原酒のハーモニー、コクのある余韻を感じます。ノンチルフィルター(冷却濾過なし)ノンカラー(無着色)。 リーフシリーズは入荷不定期につき、ご来店時の状況によります。

>>詳細を見る

インプレッシブカスク
カリラ マルサラカスク7年

インプレッシブカスク
カリラ マルサラカスク7年

シチリアの酒精強化ワイン「マルサラ」の空き樽でフィニッシュを行った7年熟成。シングルカスク、カスクストレングスでボトリング。色はアンバー。香りは潮風、ピートスモーク、生ハムが豊かに立ち上がり、かすかにオレンジピールのフルーティーさとブーケガルニのハーバルなアロマが香ります。 味わいは、ヤングアイラらしいピートにレモンの爽やかさ、ローストしたアーモンドとオークの香ばしさが主張し、蜂蜜やリコリス、マルサラ由来の白ブドウが全体に複雑さを与えます。フィニッシュはピリッとしたホワイトペッパー、生ハムの塩気にピートの余韻が長く続きます。 アイラモルトの入手が困難になる中で、一際異彩を放つ1本とも言えます。ワイン樽フィニッシュならではの複雑味を持つヤングカリラです。 229本瓶詰

>>詳細を見る


戸河内ウイスキー
ビアカスクフィニッシュ
(モルト、グレーン)

戸河内ウイスキー
ビアカスクフィニッシュ
(モルト、グレーン)

10年間カリビアンラムを熟成した後フランスの Popihn BreweryのIPAの熟成に使用された オーク樽で14か月戸河内ウイスキーを後熟しました。IPAビールに由来するさわやかなホップ の香りと苦み、ラムに由来するハニーの香りに加えて、ウッドフィニッシュ由来の焼きりんごのような甘味が加わり、甘みと苦みに熟成した甘い果実の香りが調和したウイスキーです。

>>詳細を見る

ウルフバーン オーロラ

ウルフバーン オーロラ

これまではプルトニーが、本島最北の蒸留所であったが、オークニー島を臨む更に北の海沿いの町サーソーで2013年に操業を開始したことで本島最北の蒸留所となったウルフバーン。仕込み水は、アッパーオームリーという場所に湧く泉でスコットランドでは珍しい硬水。オーロラは、バーボン樽熟成と、オロロソシェリー樽で熟成した原酒をバッティングしたもの。

>>詳細を見る

MARS MALTAGE 越百 Malt Selection

MARS MALTAGE 越百 Malt Selection

日本アルプス山系、駒ヶ岳の麓から湧き出る清らかな水、豊かな自然の息づく標高798mに、マルス信州蒸溜所はたたずんでいます。 「MARS MALTAGE 越百 Malt Selection 」は、タイプの異なる複数のモルト原酒をマルスウイスキーのブレンド技術によりヴァッティングした、複雑さと奥行きが感じられるモルトウイスキーです。 ハチミツやキャラメルを連想させるふくよかな甘い香りの中に、ほのかなスモーキーフレーバーと熟した果実の香りが広がり、口当たりは丸く柔らか、優しい余韻が特徴です。 「越百」は、中央アルプスに連なる山の一つである「越百山」から名付けました。越百(コスモ)という宇宙を連想させる呼び名から、マルス信州蒸溜所から見上げる夜空をイメージしたラベルデザインとしております。

>>詳細を見る


ポートアスケイグ12年(2004)

ポートアスケイグ12年(2004)

ミディアムピーテッドのアイラモルトで、ホグスヘッドの12年熟成。シングルカスク、カスクストレングスでボトリング。 ピート、塩気、甘みのバランスが絶妙な心地よいアイラモルトです。ポートアスケイグ“初”の日本向けシングルカスクです。 国内258本

>>詳細を見る

シングルモルト津貫 THE FIRST 完売

シングルモルト津貫 THE FIRST 完売

2016年11月に誕生した「マルス津貫蒸溜所」から「津貫」の名を冠する初めてのシングルモルトウイスキー「シングルモルト津貫 THE FIRST」が発売されました。 輝きのある琥珀色は重ねた月日以上の成熟を映し出し、バーボン樽熟成原酒由来のバニラやメープルシロップのような濃厚かつ上品な甘い香りに、バナナクレープなどを連想させるフルーティーさが奥行きを与えています。飲みごたえのある重厚な味わい、ふくよかな余韻が長く続き、マルスウイスキーのさらなる可能性を感じさせてくれます。 津貫から始まった創業百有余年の歴史に、新たなページを刻む1本です。9984本

>>詳細を見る

バレッヒェン ボルドーカスク・マチュアード#7

バレッヒェン ボルドーカスク・マチュアード#7

50PPM以上のフェノール値の麦芽を使用。 ファーストフィルのボルドーワインのホグスヘッドだけで熟成。生産6000本

>>詳細を見る


バレッヒェン バーボンカスク・マチュアード#6

バレッヒェン バーボンカスク・マチュアード#6

50PPM以上のフェノール値の麦芽を使用。 イアン・ヘンダーソンさんの後を受け、James McGowanさんが蒸留を担当。ファーストフィルのバーボン樽で熟成。生産6000本

>>詳細を見る

バレッヒェン10年 ヘヴィリー・ピーテッド

バレッヒェン10年 ヘヴィリー・ピーテッド

50PPM以上のフェノール値の麦芽を使用。 ラフロイグの元蒸留所長イアン・ヘンダーソンさんが蒸留を担当したバージョン。ファーストフィルのバーボン樽で熟成された原酒とオロロソシェリー樽で熟成されたものとのバッティング。

>>詳細を見る

エドラダワー バローロカスク・マチュアード

エドラダワー バローロカスク・マチュアード

2006年3月の蒸留、2014年9月から2015年1月にかけての瓶詰めまでバローロのホグスヘッドで熟成した8年から9年物。本品は2015年1月の瓶詰。2450本生産されました。

>>詳細を見る


エドラダワー12年 カレドニア

エドラダワー12年 カレドニア

バーボンカスクで最初の熟成をした後、オロロソ樽で4~5年追熟したシングルカスクの12年物。アイルランドをヒベルニア、ウェールズをカンブリア、そしてスコットランドをカレドニアと、古代ローマ人は、ラテン語でそう呼んでいました。この古風で歴史的な名の響きに、ロマンティックで詩的なニュアンスを感じてしまいます。 本品はシングルカスクのアイテムですが、この樽をセレクトしたのは、蒸留所のあるハープシャー出身で、スコットランド随一のソングライターとも言われ、名曲「カレドニア」の作者Dougie Macleanさん。この曲を聴きながら飲んでみるのも一興かと・・。

>>詳細を見る

エドラダワー スーパータスカンカスク・マチュアード

エドラダワー スーパータスカンカスク・マチュアード

2006年3月の蒸留から2014年4月の瓶詰めまでスーパータスカンのホグスヘッドで熟成した8年物。

>>詳細を見る

ブルイックラディ
ベアバーレー 08

ブルイックラディ
ベアバーレー 08

ベアバーレーを使用した旅行者用の2008年バージョン。5千年ほど前から存在が確認されているこの古代種の麦は、07年にオークニー島で栽培されたもの。現代の麦と比べると古代種の収量は、半分ほどにとどまるそう。古代種の麦使用による味わいへの影響は顕著だそうです。

>>詳細を見る


ウィスキートレイル
グレンエルギン 21年

ウィスキートレイル
グレンエルギン 21年

スペシャリティードリンクスのボトラーズ部門のエリクサーディスティラーズ・ドラゴンシリーズの第5弾。 ホグスヘッドの21年熟成。シングルカスクのカスクストレングスで ボトリング。

>>詳細を見る